男性のAGAについて

男性のAGAについて

男性はAGAが原因で薄毛になることが多いです。そして根本的な原因となっているのがDHTです。悪玉の男性ホルモンで、強力な脱毛促進作用を持つという特徴があります。DHTが増加した際の症状としては、髪の成長サイクルの変化による抜け毛の増加が挙げられます。さらには太く丈夫に育たなくなってしまうため、ハリコシが弱まりボリュームダウンも発生させるのです。こうした症状が進行すると地肌も目立つようになりますから、やがては男性特有の薄毛状態になってしまいます。

女性のFAGAについて

女性のFAGAについて

男性に起こるAGAと同じように、女性にもFAGAという薄毛になる症状があります。FAGAは、更年期を迎える女性に多く、その原因として更年期に差し掛かると閉経します。閉経すると女性ホルモンが減少するため、体内に存在している男性ホルモンが過剰に分泌されることになります。そうなると、AGAと同じ仕組みで、女性にも頭頂部や前髪の生え際部分の抜け毛がひどくなって、薄毛の症状になることがあります。FAGAもAGAと同じようにホルモンの過剰分泌を抑える治療薬を使用すれば、改善が期待できます。

男性のAGAに効果のある薬

男性のAGAに効果のある薬

男性のAGAの治療薬はいくつかありますが、一般的なのはプロペシアの商品名で販売されている薬です。医師の処方箋が必要な治療薬ですが、プロペシアはAGAの原因となるDHTの生成を阻害することができ、髪の毛が薄くなることをおさえます。プロペシアと合わせて使うことでより効果的な成分にミノキシジルがあります。ミノキシジルは高血圧の薬として開発された薬で、髪の毛を育成する効果があることがわかり育毛剤にも使われています。

女性のFAGAに効果のある薬

女性のFAGAに効果のある薬

女性男性型脱毛症とも呼ばれるFAGAには、ある種の成分を含む治療薬が効果的です。例えば、治療薬として外用薬を使いたいと思う場合、馬プラセンタや毛母細胞成長因子、またインシュリン様成長因子といった成分が配合されているものがよいでしょう。FAGAの治療薬として内服薬を用いる場合には、ビタミンB1やケラチン、さらにはパントテン酸カルシウムやL-シスチンといった成分が含まれているものを選ぶことができるでしょう。

男女に使える薄毛治療薬がある?

男女に使える薄毛治療薬がある?

男性だけでなく女性も薄毛に悩む人が増えているため、治療したいと考える人が増えています。薄毛改善の治療薬として、男女兼用のものがありますが、それは男性ホルモンの過剰分泌を抑える効果が期待できるものです。女性の身体にも男性ホルモンが存在していて、それがホルモンバランスが崩れることによって過剰分泌されると薄毛になってしまうことがわかっています。そのため男性と同じ治療薬を使うと、効果が得られるので、男女兼用の治療薬が存在しています。