男女に使える薄毛治療薬とは?

男女に使える薄毛治療薬とは?

薄毛の治療薬は一般的に男性用と女性用に分かれています。男性用と女性用に分かれている理由として、男女によって薄毛になるメカニズムが微妙に異なると言うことが理由です。

男性の薄毛の原因として考えられるものの1つに皮脂が過剰に分泌して、頭皮の毛穴につまりを起こすと言う原因があり、女性の場合には逆に頭皮の皮脂の分泌量が少ないことで乾燥し薄毛になってしまうと言う原因があります。

最近では男女兼用で使うことのできる治療薬が販売され、男性女性両方に一定に育毛効果を期待することができるものがあります。

男女兼用の特徴としては、毛乳頭の働きを活発にして毛髪の成長を助ける効果がある成分が含まれています。家族で兼用して使う場合には、男性用女性用別々に購入するよりもコストパフォーマンスが良いと言う点がメリットです。

フィナステリドが女性使用禁止のワケとは?

フィナステリドが女性使用禁止のワケとは?

フィナステリドの作用と言うのは、男性型脱毛症の原因である男性ホルモンに対してのものです。

男性ホルモンと言うのは、男性の体だけでなく微量ながら女性の体にも分泌しています。そしてこれは、微量であるものの女性ホルモンとのバランスを保ち、様々な役割を果たしています。

そのため女性がフィナステリドを服用すると、女性ホルモンのバランスごと乱れてしまい、様々な影響が体にもたらさせる恐れがあると指摘されています。

加えて妊娠を意識している人、妊娠中の人においては、フィナステリドの薬効が胎児の発育に影響をもたらす可能性もあると言われています。

特に胎児が男児であった場合には、その性器形成に支障が出てくることもあるとされています。こうしたことが、女性に対してフィナステリドが使用禁止にされている理由です。

ミノキシジルは何故女性も使用可能?

ミノキシジルは何故女性も使用可能?

世界的に「髪の毛が生える」と認められた2種類の成分の1つとして有名なミノキシジルですが、もう1つの成分であるフィナステリドと違い、何故女性でも使えるのでしょうか。

そもそも、フィナステリドは簡単に言うと男性ホルモンに働きかけ、薄毛を防ぐものです。

10分の1程度しか男性ホルモンを持たない女性に使っても効果は無く、そればかりか男児を妊娠している方が使用すると胎児に影響を及ぼしてしまうなど、女性にとっては何の得もない成分なのです。

しかし、ミノキシジルは元々血管拡張剤であり、副作用の1つだった、体中の毛が濃くなる「多毛症」に着目され発毛剤になったという経緯があります。

この多毛症は男女に関係なく作用するので、女性にも効果があります。

このように、ミノキシジルが使える理由はホルモンに影響されず、また妊婦さんでも使えるなどの安全性の高さだと言えます。