FAGAとは一体何?

FAGAとは一体何?

FAGAとは女性男性型脱毛症の事になりまして、成人男性が男性ホルモンが要因となって起こる脱毛症であるAGAと似たものとなっています。

女性にも男性ホルモンは体内に存在しますので、その影響を受けてしまい薄毛になってしまうのがFAGAです。

症状の特徴としましてはAGAだと頭頂部や生え際から薄くなってしまいますが、FAGAの場合は髪の毛全体が均一に薄くなるのが特徴的です。

薄毛が全体的に広がる事をびまんと呼ぶので、びまん性脱毛症とも呼ばれています。

FAGAの主な原因としましては、ホルモンバランスの変化になりますが加齢、生活環境の変化、ストレスなどによって女性ホルモンの分泌量が抑制されて、男性ホルモンの影響を受けて発生しやすくなります。

女性がFAGAになる確率とは?

女性がFAGAになる確率とは?

男女の区別なく、男性型の脱毛因子は親から子へと遺伝しますから、女性もそれが原因で、FAGAになることはあります。

しかし女性の場合は遺伝ではなく、ホルモンバランスの崩れが原因であることがほとんどなので、規則正しい生活をしていれば、ある程度は防げます。

加齢や出産などで女性ホルモンの分泌量が減ると、相対的に男性ホルモンが増えるため、FAGAになりたくないなら注意するようにしましょう。

親の遺伝が影響して、女性がFAGAになる確率は25%といわれているので、ホルモンバランスが正常であれば、それほど心配する必要はありません。

暴飲暴食や睡眠不足、ストレス、過度なダイエットなどを行っていると、女性ホルモンが減って、FAGAになる確率が上がるので、抜け毛が気になる方は生活習慣を見直すようにしてください。

FAGAを克服する事は可能?

FAGAを克服する事は可能?

女性は男性とは違って、髪の毛全体のボリュームが少なくなるFAGAに悩んでいる人が増加しています。

FAGAを克服するためには、男性ホルモンの分泌を抑える必要があるので、専門クリニックを受診して、内服薬や育毛剤による治療を始める必要があります。

妊娠、出産後や、閉経後などのホルモンバランスの乱れが原因で、FAGAを発症する人が多い傾向があります。

日頃は正しいヘアケアを行ったり、パーマやカラーリングの頻度を減らしたり、内服薬を根気よく続けることが大事です。

女性の薄毛は、ホルモンバランスの乱れや加齢が原因で、起こりやすいですが、適切な治療を受けることで、改善が可能です。

髪の毛の変化に気付いたら、医師に相談して下さい。